2010年05月24日

「責任より対応先決」 口蹄疫問題で首相(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は19日朝、宮崎県で家畜伝染病の口蹄(こうてい)疫が急速に拡大している問題で、「県も頑張り、政府も積極的に協力しているが、感染が食い止められず拡大した事実はある。いま大事なのは、拡大させないための迅速な措置を強力にとることで、どこに責任があるとかという話の以前の問題として安心を取り戻す」と述べ、責任問題よりも迅速対応が先決だとの認識を示した。首相公邸前で記者団に答えた。

 野党側は、口蹄疫問題が起こっていたにもかかわらず、今月の大型連休中に赤松広隆農林水産相が外遊したことを問題視し、政府の対応の遅れを追及している。一方、首相は口蹄疫の症状を抑えるワクチン使用について、「今、さまざまな検討をしている」と述べた。

空港需要予測、外れてばかりで見直し判定(読売新聞)
身障者用トイレを自宅代わりに 42歳男を逮捕(産経新聞)
鳩山首相「ぶら下がりより記者会見を活用したい」(産経新聞)
<中部国際空港>プラグインハイブリッド車を国内空港で初導入(毎日新聞)
<防衛省>試験さらに出題ミス(毎日新聞)
posted by ヒナタ オサム at 18:10| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。